【アフィリエイト】クリック率をあげる秘訣はコレ!商品をほしいと思わせるには?

こんにちは、ちょろぽんです。

いつも私のブログをお読みくださって、
ありがとうございます。

今日も愛してます!

 

さて、今日は、先日購入者通信で配信させていただいた、
“レビュー記事に関するアドバイス”をご紹介いたします。

 

本来こうした内容はご購入者様限定で配信しているものです。

こうしてブログでご紹介することは滅多にありません。

 

とても貴重な内容となっておりますので、
ぜひ参考にしていただければと思います。

 

〈アドバイス内容〉

 

まず、この記事の目的は

「むくみに効くサプリメントを探して検索してきた人に対して、
○○○○というサプリメントを紹介すること
(販売ページへ誘導すること)」

になるかと思います。

 

ということは、一般的にむくみに効くとされているサプリは
市販の物も含めると本当にたくさんありますから、
その中でも「○○○○」というサプリが特に効果的であるということを
読み手にアピールしていかなければなりません。

でないと、わざわざ「○○○○」を買おうとは思ってもらえません。

 

(いかに「○○○○」がむくみに効くのか、
「○○○○」を手にするメリットをしっかりとアピールしていかなければならないわけですね。)

 

それを踏まえた上で○○様の記事を読んでみると、まさに

「○○○○を手にするメリット」の部分が弱い

ことがお分かりになるかと思います。

 

例えば、各種成分が配合されている理由をもう少し具体的に説明し、
「なぜ、これらの成分を摂取するとむくみが解消できるのか?」を理解してもらったり、
販売ページにある「○○○○」の3つのこだわりをアピールするなど、

他のサプリとは違っている点や「○○○○」にしかないメリットを
もう少し強くアピールしてみてください。

 

そして、その上で口コミへと繋げていけば、
「本当に効果があるサプリなんだ」と
読み手により興味を抱かせることが可能になります。

 

今後も売り込みの記事を書くときは、
いかにその商品が魅力的なものか?効果があるか?
をアピールすることを意識されてみてください。

 

「○○がおすすめですよ」だけでは、人はまず興味を示しません。

 

興味をもってもらうためには、

「なぜ○○がおすすめなのか?」
「なぜ○○でなければならないのか?」

○○を手にするメリットをきちんと伝えることです。

 

つまり、“○○を買う理由”を与えてあげるわけです。

 

それができてはじめて、人は商品に興味を持ちます。

そして、実際にリンクをクリックするという行動を起こすわけですが、

この時人は、
クリックすることで自分の欲求を満たそうとしています。

 

クリックした先に、
自分にとって何かしらのメリットやベネフィットがあり、
それを受けとることができると思うからこそ、
クリックをするのです。

 

したがって、クリック率をあげるためには、

・読み手の興味を惹き付けることができているかどうか
・読み手の欲求を満たせるように誘導できているかどうか

がとても大切なポイントとなります。

 

もしあなたが今、
「クリック率が低い」ということで悩んでいらっしゃるのであれば、

“読み手に対して、
クリックする理由を与えられているかどうか?”

一度ご自身の書いた文章をよくチェックしてみていただけたらと思います。

 

その他コピーライティング講座はこちら。

⇒コピーライティング講座一覧

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!