人生を今よりもっと豊かにする秘訣。当たり前のことにこそ感謝する心を!

こんにちは、ちょろぽんです。

今日も私のブログをお読みくださって、
ありがとうございます。

またしても久しぶりの更新になってしまって申し訳ありません…

今日ももちろん愛してます!

 

さて、前回の記事で、
「今年あなたに一番意識していただきたいこと」についてお話しましたが、

それが何であったか、あなたは覚えていらっしゃいますでしょうか?

 

・・・忘れてしまいましたか?(笑)

 

私が今年あなたに一番意識していただきたいこと、それは、
「【ある方向】に意識を向けること」でした。

 

「どんな内容だったか忘れちゃった(汗)」
「あれ?そんな話してたっけ?」

というあなたは、先にこちらをお読みになってくださいね。

⇒「ここに意識を向けるだけで、あなたの人生は劇的に変わります」

 

「【ある方向】に意識を向けること」は本当に大事なことですから、
常に意識してみていただきたいと思います。

 

今日も、そんな「【ある方向】に意識を向けること」に関してお話をしていきます。

今日のテーマは、「当たり前に感謝すること」です。

 

これは、【ある方向】に意識を向けるためには欠かせないことです。

ぜひ最後までお読みいただけたらと思います。

 

それでは参りましょう!

 

私たちの周りに、当たり前にある物や事

 

普段、私たちの周りには、いろんな物やサービスがあふれかえっています。

 

例えば、ご飯を食べようと思ったとき、
スーパーに行けばたくさんの食材を手に入れることができますし、
お総菜などを購入することができます。

 

もしくは、いろいろな飲食店で食事をすることもできますよね。

ラーメンを食べたいなと思えばラーメン屋さんに入ればいいですし、
カレーを食べたいなと思えばカレー屋さんに入れば、食事ができます。

 

ラーメン屋さんに入ってラーメンを注文したのに、
「ラーメンが食べられなかった」
なんてことにはまずなりえません。

 

ラーメン屋さんに入ってラーメンを注文すれば、
ほぼ確実にラーメンを食べることができます。

私たちにとってこれは、すごく当たり前のことです。

 

また、喉が渇いて水が飲みたいと思ったときは、
キッチンにある蛇口をひねれば、簡単に水を出すことができますし、
その出てきた水をコップに入れるだけで、
私たちは簡単に水を飲むことができてしまいます。

 

・蛇口をひねれば水が出る
・コップに水を入れる
・コップの中の水を飲む

これらの行為もまた、私たちにとっては当たり前の行為です。

 

こんな感じで、朝起きてから夜寝るまで、
たくさんの“当たり前”に囲まれながら、私たちは日々生活をしています。

 

しかしながら・・・

 

私たちが日々当たり前にできていることが、本当に当たり前のことなのか、
あなたは疑ってみたことはあるでしょうか?

 

当たり前は、当たり前ではないかもしれない

 

私達は普段、たくさんの“当たり前”に囲まれながら生活をしていますが、

実は、私達が普段当たり前にやっていることやできていることは、
当たり前ではないかもしれないのです。

 

こんなことを言うと、
「ちょろぽん何言ってるの?」と思われるかもしれませんね(笑)

 

しかし、

私たちが当たり前にやっていることやできていることには、
たくさんの人々や物事が関わっている

ということが分かると、
「当たり前は当たり前ではないかもしれない」という私の言葉の意味も
ご理解いただけるのではないかと思います。

 

例えば、「ラーメン屋さんでラーメンを食べる」
というただそれだけのことであっても、
そこには、たくさんの人や物が関わっていますよね。

 

<人材>

まず、ラーメン屋さんで働いている人々。

この方々がいるこそ、
私たちはラーメン屋さんでラーメンを食べることができます。

この方々がいなければ、ラーメン屋さんに行っても、
ラーメンを作ってくれる人がいませんから、
私たちの目の前にラーメンが出てくることは絶対にありえません。

<材料>

次に、ラーメンを作るための材料です。

ラーメンを作るための材料があるからこそ、
私たちはラーメンを食べることができます。

ラーメンを作れる人がいたとしても、
ラーメンを作るための材料がなければ、
私たちの目の前にラーメンが出てくることはありません。

 

(もっと言うと、ラーメンを作るための材料を作ってくれる人々も、
必要不可欠な存在です。

この方々がいらっしゃらなければ、
ラーメンを作るための材料はこの世に存在しないからです。)

<道具>

そして、ラーメンを作るための道具。

ラーメンを作れる人がいて、ラーメンを作るための材料があったとしても、
ラーメンを作るための道具がなければ、
ラーメンを作ってもらうことはできません。

 

さらに、ラーメンを食べるための道具(食器など)も必要です。

ラーメンを作れる人がいて、ラーメンを作るための材料があって、
ラーメンを作るための道具があったとしても、
ラーメンを食べるための道具(食器)がなければ、
私たちはラーメンを食べることができません。

 

ラーメンを作るための道具、ラーメンを食べるための道具があるからこそ、
私たちはラーメンを食べることができるのです。

 

(また、これらの道具を作るための材料や、
道具を作ってくれる人々も必要不可欠な存在です。

この方々がいらっしゃらなければ、これらの道具はこの世に存在しないからです。)

<資源>

また、ラーメンを作るためにはガスや電気、きれいな水なども必要になります。

(ガスや電気を作ってくれる会社や水道局、
そこで働いている人々も必要不可欠な存在ですね。)

 

これらがなければ、ラーメンを食べるどころか、
生きていくことさえ困難になってしまいます。

 

・・・と、こんなふうに、

「ラーメン屋さんでラーメンを食べる」という過程一つとっても、
そこには本当にたくさんの人や物が関わっていることがお分かりになると思います。

 

そして、このどれか一つでも欠けてしまえば、
私たちが「ラーメン屋さんでラーメンを食べる」ということは
不可能になってしまいます。

 

これら全ての過程(会社や人々の存在)があるからこそ、
私たちはラーメン屋さんでおいしいラーメンを食べることができるのです。

 

本来であれば、おいしいラーメンを作るのに、
(人材)、材料、道具、資源など全てを準備する必要があるわけですが、

私たちはそういった面倒くさいことなど何一つせずに、
ただラーメン屋さんに行って、700円や800円ほど払うだけで、
おいしいラーメンを食べることができます。

 

おいしいラーメンを食べるためにやらなければならないことは一切やらずに、
ただお金を払えばラーメンを食べることができてしまうのです。

 

しかも、お金を払うことで私たちは、ラーメンだけでなく、
そこにかけられた“あらゆる手間暇(たくさんの時間や愛)”まで
受け取ることができています。

 

これは、どう考えてもありがたいことですし、
心から感謝すべきことであると私は思います。

 

つまり、何が言いたいかと言うと、

お金を払ってラーメン一杯食べられることは、
実はすごく貴重な体験である

ということです。

 

しかし…

私たちは普段、ついついその事を忘れがちになってしまっているのです。

 

当たり前だと思っていることばかり

 

私たちは、ラーメン屋さんでラーメンを食べられることは
当たり前のことだと思っていますし、
それを疑うこともしていません。

ラーメンを注文してお金を払えば、
いつだっておいしいラーメンが簡単に食べられると思い込んでいます。

 

しかも、おいしいラーメンを食べられることに対して
喜びやうれしさを感じることはあっても、
おいしいラーメンを食べられることに対して“感謝する”ことまでは
なかなかできていません。

(おいしいラーメンを作るために必要不可欠な人々や物、事にまで、
 感謝の気持ちを向けることができていません。)

 

しかしながら、今までお話してきたように、
「ラーメン屋さんでラーメンを食べられる」ということは、
とてもありがたく、貴重なことです。

お金を払うだけでラーメンを食べられるなんてことは、
本当はすごく感謝すべきことなのです。

 

もちろん、これはラーメンだけでなく、
あらゆる物や事に関しても同じことが当てはまります。

この世のあらゆる物や事が存在していること、
そしてそれらを自由に利用できることは、
本当はすごく貴重なことなのです。

 

しかし、私たちは普段利用している物や事を当たり前のことだと思ってしまい、
感謝することを忘れがちになっています。

 

当たり前に思うことが悪いというわけではありませんが、

当たり前だと思っていると、
感謝する気持ちもわかなくなってしまいますし、
喜びを感じたり、感動することもなくなっていってしまいますよね。

そうなると、生きていても面白味が全く感じられなくなってしまいます。

 

また、感謝することは、
【ある方向】【満たされている方向】へ意識を向ける行為ですから、

当たり前に思うことばかりだと、
「【ある方向】に意識を向けること」もなかなかできなくなっていきます。

 

そうなれば、【ある状態】を現実世界で経験することもまた、
難しくなってしまうのです。

 

つまるところ、当たり前に思うことが多くなればなるほど、
人生はどんどんつまらなくなっていくということです。

 

先日喜寿を迎えた、タレント(でいいのかな?)のデヴィ夫人も、
若さを保つ秘訣として、

「一日10回感動すること」

と、テレビで話していました。

 

デヴィ夫人は、喜寿を祝う自身のパーティで、
77歳とは思えないくらい、実に軽やかにタンゴを踊っていて、 

「私もこんな77歳になりたいな」

と思ったくらい、素敵な歳の取り方をされている方だなと思います。

 

デヴィ夫人は、若さを保つための秘訣として「感動すること」をあげていましたが、

「感動すること」は、若さを保つ秘訣だけでなく、
人生を豊かにする、人生を楽しむための秘訣でもあると私は思います。

 

人生を豊かにするために

 

あなたは、これから先どんな人生を送りたいと思われますか?

 

毎日いろいろなことに感動し、
心豊かに充実した日々を過ごしていく人生でしょうか?

それとも、何にも感動することなく、
ただただ同じような毎日を過ごしていく、
そんな人生でしょうか?

 

もしこの問いに対するあなたの答えが前者のようなものであるならば、

今当たり前だと思っている物、事に対して、
「それらは実は当たり前ではないのだ」と思い直してみることをおすすめいたします。

 

当たり前ではないということは、有るのが難しいということですよね。

「有り難い=ありがたい」こと、
つまり、感謝すべきことであるということです。

 

本当はあらゆる物や事が感謝すべきことなのだと思えば、
あらゆる物や事に対して感謝できる点が見つかってきます。

そうして、実際にあらゆる物や事に感謝をすることで、
【ある方向】【満たされている方向】へ意識を向けることができるようになるのです。

 

あなたが意識を向けたものが
現実世界であなたの目の前に現れるようになりますから、

あなたが感謝に意識を向けるなら、
あなたは感謝を受け取るようになっていきます。

 

人から「ありがとう」と言われる機会も間違いなく増えていくはずです。

 

また、お金も感謝が形になったものですから、
お金という形で感謝を受け取る機会も増えていくと思います。

(お金の入口をフルオープンにしておくことが前提ですけどね。)

 

「当たり前は当たり前ではない」
「当たり前にこそ感謝する」

 

こんな考え方、物の見方ができるようになると、
人生は間違いなく今よりもっと豊かに、そして楽しくなっていきますよ。

 

ぜひ今からでも、あなたが当たり前だと思っていることに
感謝の気持ちを向けてみていただけたらと思います。

 

 

PS.

妖怪ウォッチというアニメをご存じでしょうか?

簡単に言うと、妖怪が人間に取りついてしまい、
変なことばかりやらかしてしまうというお話のアニメです。
(説明が簡単すぎですね(笑))

 

そんな妖怪ウォッチの主題歌?に「地球人」という歌があります。

 

この「地球人」という歌は
「ぶりぶりぶりぶり」とか子どもが好きそうなフレーズが出てきて
とてもおもしろい歌なのですが、

実は、大人の心にも響く、とてもいい歌詞だなと思う部分もあります。

それは以下のところです。

 

「私たち 絶対空間でちっぽけに存在してる
 寄り添って 支え合って 助け合って

 地球上の全ての物は 誰の物でもない
 感謝しよう 太陽に 惑星に 銀河に」

 

今日の話は「当たり前に感謝する」というテーマでしたが、
この歌では感謝の対象がかなり壮大になっています(笑)

 

普通に生活していると、太陽に感謝することはあっても、
惑星や銀河にまで感謝することはなかなかありませんよね?

 

しかし、だからこそ、改めて感謝することが大切だなと、
私はこの歌を聞いて気づかされたのでした。

なぜって、私たちが生きていられるのは惑星や銀河のおかげでもあるからです。

 

「地球上の全ての物は 誰の物でもない
 感謝しよう 太陽に 惑星に 銀河に」

 

 
惑星や銀河といった当たり前に存在しているものにも
感謝の気持ちを向けられるようになると、
本当にあらゆる物に感謝の気持ちを抱けるようになります。

ぜひあなたも、太陽や惑星、銀河にも、
感謝の気持ちを向けてみていただけたらと思います。

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!