【コピーライティング】読み手(読者)から“高い反応を得られる文章”とはどんな文章か?

今日はコピーライティングについてお話いたします。

内容は「“読み手から高い反応を得られる文章”を書くコツ」です。

 

実は以前、The Million Writingのご購入者様から、
こんなご質問をいただいたことがありました。

 

ちょろぽんさんはコピーライティングを
勉強する際にどのような勉強をされましたか?

また、効果的な勉強方法があれば教えていただければ嬉しく思います。

 

以下、私の回答です。

 

>ちょろぽんさんはコピーライティングを
>勉強する際にどのような勉強をされましたか?

 

私の場合は、

教材をとにかく読み込む

学んだことを活かしながら(意識しながら)記事を作成

書いたあと何度も読み直す&書き直す

反応をみる(適宜修正)

のような流れで実践をしていました。

 

>また、効果的な勉強方法があれば教えていただければ嬉しく思います。

 

こればかりは近道はありませんので、
実践を積んでいただくしか方法はありませんが・・・

 

文章を書く際は、ただ文章を書くのではなく、
常に「読み手(読者)目線に立って文章を書く」ことを意識されてみてください。

 

こう書いたら読み手はどう感じるか?
次に何を疑問に思うか?
何を知りたいと思うか?

といったことを常に意識しながら文章を書いていくのです。

 

そして、その上で、
最終的には自分が一番伝えたかったことを伝え、
読み手を行動へと促すようにします。

 

そうすることで、「自分が教えたいことを一方的に伝える文章」ではなく、
「読み手が続きを読みたい知りたいと思う文章、かつ自分が伝えたいことを的確に伝えられる文章」
を書くことができるようになります。

 

それはつまり、

書き手中心の文章から、読み手中心の文章に変わる

ということです。

 

当然ですが、前者と後者であれば
読み手の反応が高まるのは後者ですよね。

 

(学校の授業など、一方的に話を聞かされるとうんざりしてしまうように、
文章も一方的に語られている文章は読む気がなくなります。)

 

よって、より高い反応を得られる文章を書くためには、
「読み手目線に立つこと」がすごく重要になります。

 

今後文章を書く際は、ぜひ意識していただけたらと思います。

 

ご購入者様のサポートをしていると、たまに、
ただ独り言を並べただけのようなブログを書かれている方がいらっしゃいます。

 

そのようなブログは、まさに「読み手を無視した独りよがりなブログ」であり、
反応が得られないブログの典型的な例です。

 

また、そこまでひどいブログではなくても、
自分が伝えたいことばかりをただひたすら書き綴られているような、
少し残念なブログも多々あります。

 

もちろん、趣味で書いているブログであればそれでも全然いいのですが、

ビジネスとしてブログを書くのであれば、
やはり「読み手を意識して」ブログを書いていかなければ、
高い反応を得ることは難しいです。

 

あなたが書いた文章(記事)は、
「読み手中心の文章」になっているでしょうか?

あなたのブログは、「読み手目線に立ったブログ」になっているでしょうか?

 

ぜひ一度、自分の書いた文章、ブログをよく見返してみていただきたいと思います。

 

なお、「コピーライティングスキルの上達方法」、
「読者を惹きつける記事(文章)を書くコツ」につきましては、
こんな記事も書いております。

 

⇒「5億円コピーライター流!コピーライティングスキルの上達方法とは?」

⇒「読者を惹きつけるブログ(メルマガ)記事を書くコツは?」

いずれも重要なことしかお話しておりませんので、
ぜひ一度お読みになってみてください。

 

 

ちょろぽんのアフィリエイト講座

このブログは、“ママ起業家”として活動している、私ちょろぽんが
「アフィリエイトで稼ぐための知識や戦略」をお伝えしているものです。

●初めましての方はこちらから 「最速で」アフィリエイト成功の道を歩みたい「あなた」へ

ブログ講座一覧

効率よく稼ぐ仕組みを作る「理想のアフィリエイト戦術」無料講座

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ