上位表示とクリック率の関係。キーワード検索結果に上位表示されただけでは意味がない!

検索エンジンからアクセスを集めるためには、
狙ったキーワードで上位表示できるかどうかがすごく重要なポイントになります。

その理由は、検索結果順位が高ければ高いほど、クリック率も上がっていくからです。

 

ある統計では、検索結果順位1位のサイトのクリック率が約19%、
2位が約15%、3位が約11%という結果になったそうです。

そして、4位以下はクリック率が10%を切ってしまうのだとか…。

 

検索結果次第で、こうもクリック率が変わってしまうわけですね。

 

そのため、

「上位表示さえされれば、アクセスを集められる!」

と思っている方も少なくないと思います。

 

…ですが、ここで注意していただきたいことがあります。

 

それは、

「上位表示される=アクセスが増やせる」わけではない

ということです。

 

これが一体どういうことか、あなたはお分かりになりますか?

 

キーワード検索結果に上位表示されただけでは意味がない

 

先ほど私がお話したように、
検索結果の上位に表示されることによって、クリック率が上がることは間違いありません。

やはり上位に表示されたサイト(記事)ほど、
人の目に入りやすくなることは確かだからです。

 

しかし、1位のクリック率約19%という数字から分かるように、
1位だからと言ってそのサイト(記事)が100%クリックされるわけではありません。

例え検索結果1位に表示されたとしても、
100-19=81%もクリックされない可能性があるわけです。

 

つまり、

検索結果上位に表示されたからと言って、
必ずしもそのサイト(記事)がクリックされるわけではない

ということです。

 

そして、当然ですが、クリックされなければアクセスを増やすことはできませんから、

「上位表示される=アクセスが増やせる」わけではない

ということになります。

 

では、なぜそのようなことになってしまうのか?

 

それは、実際に検索エンジンを使っている、 私達人間側(ターゲット)に理由があります。

 

狙ったキーワードでサイトにアクセスが集まるまでの流れとは?

 

人は何か調べたいことがあった時に、検索エンジンを使って検索をしますよね。

そして、その検索結果を見て、
そこに表示されているサイト(記事)の中から、
どれをクリックするか(どのサイト、どの記事を読むか)を決めていきます。

 

その際、判断材料となるのは、サイトや記事のタイトルです。

 

人は、検索結果に表示されたタイトルを見て、

・自分が調べたいことについて、その答えを得られそうなサイト(記事)かどうか?

もしくは、

・純粋にそのサイト(記事)の中身を知りたいと感じるかどうか?

を判断しています。

 

それはつまり、

人は、自分が気になったサイトや記事のタイトル、
読みたいと思ったサイトや記事のタイトルをクリックしていく

ということです。

 

どのサイトをどんな順番で表示するかということは
検索エンジンのクローラーロボットが決めていることですが、

そこから先、つまり、検索結果に表示されたサイトの中から、
最終的にどのサイト、どの記事をクリックするかを決めているのは、
「実際に検索をしている人間(ターゲット)」である


ということです。

 

ですから、仮に自分のサイト(記事)を上位表示させることができたとしても、
サイト(記事)のタイトルがターゲットにとって魅力的なものになっていなければ、
クリックしてもらえない可能性も大いにあるわけです。

そして、そうなれば、
その記事からアクセスを集めていくことはまずできません。

 

アクセスを集めるためには、
キーワードスカウターを使って上位表示を狙えるキーワードを探すこと、
そのキーワードで上位表示を狙うことももちろん大事なことなのですが、

最終的な判断は人が行うわけですから、
人が読みたくなるような、クリックしたくなるようなタイトルを付けることもまた、
同じように大事なことなのです。

 

要するに、

「集客に関しても、コピーライティングスキルが重要になる」

ということですね。

(タイトルは全てコピー(文)でできていますから。)

 

上位表示は最終ゴールではない

 

上位表示させることを最終ゴールと考えてしまっている方も多いと思いますが、

ここまでの話から、
「決してそうではない」ということがお分かりいただけたことと思います。

 

集客の最終ゴールは、検索結果で上位に表示されることではなく、
「サイトにアクセスを集める」ことです。

アクセスを集められなければ、
検索上位に表示されても意味がありません。

 

ですから、

「狙ったキーワードで検索上位になってよかった」
「狙ったキーワードで検索上位になってうれしい」

で終わってしまっている場合は、要注意です。

 

単に上位表示されたことを喜んで終わるのではなく、

「本当にそのキーワードでアクセスを集められているのかどうか?」

そこまできちんと追求していっていただきたいと思います。

 

そして、もし狙ったキーワードでアクセスが来ていないようであれば、
人が読みたくなるような、クリックしたくなるようなタイトルを付けることを
意識してみてください。

 

・・・以上、「上位表示が最終ゴールではない」というお話でした。

 

なお、もう少し厳密に言えば、
「サイトにアクセスを集める」ことも最終ゴールではありません。

集客の最終ゴールは「集めたアクセスを○○すること」です。

 

詳しくは以下の記事にてお話しておりますので、
こちらも合わせてご覧いただければと思います。

⇒「ブログ・メルマガ記事の書き方、意識すべきポイントとは?」

 

では、また^^

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!