ヤフオク!でより大きく稼ぐ(高く落札してもらう)ための方法 5つのコツ!

この記事では、ヤフオク!でより大きく稼ぐ(自分の商品を高値で落札してもらう)ために、
抑えておくべき重要なポイント、コツをお話していきます。

 

これを理解し、実践するのとしないのとでは、
ヤフオク!で稼げる金額が大きく変わってしまうことになりますので、

「少しでも多く稼ぎたい!」

というあなたは、ぜひ最後まできちんと目を通していただけたらと思います。

 

それでは、参りましょう!

 

ヤフオク!でより大きく稼ぐために意識すること

 

まず、ヤフオク!で物を売る時に意識しなければならないことからお話します。

 

ヤフオク!で物を売るためには、

1.しっかりと見込み客を集めること
2.商品の魅力をきちんと伝えること

この2点を意識する必要があります。

 

せっかく商品を出品しても、誰にもその商品の存在に気づいてもらえなければ、
その商品が落札されることは絶対にありません。

また、せっかく多くの人から注目を集められても、
商品の魅力をうまく伝えることができなければ、
やはり高値で落札される可能性は低くなります。

 

 

いくらヤフオク!の利用者が多いとはいっても、
出品すれば勝手にものが売れるということはありないのです。

 

ですから、ヤフオク!で物を売る、しかも、より高値で落札してもらうためには、

「しっかりと見込み客を集め、その人々に商品の魅力をきちんと伝える」

ことが重要になります。

 

ヤフオク!でより大きく稼ぐために見込み客を集める方法

 

では、実際に見込み客を集めるためには、どうしたらいいのか?と言うと、
そのコツは以下の3つです。

 

1.商品タイトルに、見込み客が検索しそうなキーワード
 (ブランド名、商品名、サイズ、カラー、素材など)を入れる

2.商品タイトルに、クリックされやすいキーワード
 (新品・美品・送料無料・格安・レアなど)を入れる

3.分かりやすい商品画像を載せる(特にトップ画像)

 

まず、1についてですが、
多くのヤフオク利用者は検索を利用してお目当ての商品を探します。

ですので、1のようなキーワードを盛り込んでおかないと、
検索結果に自分の商品が表示されなくなり、
見込み客となる人々に自分の商品を見てもらうことができなくなってしまいます。

そのため、商品のタイトル名には、できる限り
「商品に関連したキーワード」を盛り込む必要があるのです。

<見込み客が検索しそうなキーワード>

・ブランド名  ・商品名  ・カテゴリ  ・型番  ・色
・形状     ・素材   ・大きさ   ・年代

 

次に、2についてですが、せっかく自分の商品が検索結果に表示されても、
クリックをしてもらう(商品ページを見てもらう)ことができなければ意味がありません。

ですので、利用者にクリックを促し、商品ページを見てもらえるように
「利用者の目を引く商品タイトル」をつける必要があります。

そこでポイントとなるのが、2のようなキーワードです。

このようなキーワードを商品タイトルに入れることによって、
自分の商品に対する興味を引きつけることができるようになります。

<クリックされやすいキーワード>

・新品   ・美品    ・未開封  ・1円~  ・箱付き
・新作   ・希少(レア)・限定   ・格安   ・送料無料
・現品限り ・タグ付き  ・激安   ・セール(値下げ)  
・○○%オフ ・○割引 

 

最後に、3についてですが、2と同様、
利用者にクリックを促す要素としては「商品画像」も大きなポイントになります。

せっかくいい商品でも、画像がぼやけていたり、ブレていたりしては、
注目度は一気に下がりますし、クリックされる確率も格段に落ちてしまいます。

 

特に、1枚目に載せる写真は、商品ページへの入口となりますので、
とても重要です。

ポイントとしては、出品する商品がどんなものなのか?
「1秒で見て判断できるような画像」を掲載することです。

 

そして、2枚目や3枚目の写真では、

・1枚目の写真とは異なるアングルからとった写真
・その商品を使った時のイメージができるような写真
・付属品や箱など商品以外のものを一緒にうつした写真
・傷や汚れなどのマイナス部分をうつした写真

などを掲載し、「落札したらこれが自分のものになる」というイメージを
伝えられるようにします。

 

決してプロ並みの画像を取る必要はありませんが、
光の当て方や背景などを工夫して、
なるべく分かりやすい商品画像を掲載するようにしてください。

 

・・・以上、「見込み客を集める」ための3つのコツを踏まえ、
私が実際に出品したことのある商品を以下にご紹介します。

 

商品タイトル:【美品】CASIOカシオ デジカメ☆EXILIM☆EX-S200☆ピンク

商品画像:1枚目(デジカメを正面から撮影した写真)
ヤフオク7

2枚目(デジカメの液晶部を撮影した写真)
ヤフオク8
(「液晶部に写っているのは傷ではなく光です。」という注釈を付けました。)

3枚目(付属品とともにうつした写真)
ヤフオク9

 

このようにして出品したデジカメ(5年以上前に購入したもの)は、
開始価格2,000円から8件の入札が入り、最終的には3,130円で落札されました。

ヤフオク10

 

このように、3つのコツ

1.商品タイトルに、見込み客が検索しそうなキーワード
 (ブランド名、商品名、サイズ、カラー、素材など)を入れる

2.商品タイトルに、クリックされやすいキーワード
 (新品・美品・送料無料・格安・レアなど)を入れる

3.分かりやすい商品画像を載せる(特にトップ画像)

を抑えることで、しっかりと見込み客を集めることができるようになり、
より商品に興味を持つ人を増やすことができるようになります。

 

そして、さらに、次にお話する「商品の魅力をきちんと伝える」方法も抑えておけば、
より高値で落札してもらうことも可能になります。

 

ヤフオク!でより大きく稼ぐために商品の魅力を伝える方法

 

商品の魅力を伝えるためには、
商品の説明欄をうまく活用することが重要です。

 

商品説明欄の役割は、その名の通り「商品に関する説明をする」ことですが、
別の言い方をすれば

「利用者に自分の商品を“買わない理由をなくす”ための情報を載せる」

場所でもあります。

 

ヤフオクでは、自分と同じ商品や似たような商品を出品している人が大勢いますから、
商品説明欄できちんと自分の商品の「魅力」を伝えることができなければ、
閲覧者は他の出品者の商品に流れていってしまう可能性があります。

それを食い止め、閲覧者により自分の商品に興味、関心を持ってもらうために、
商品説明欄をうまく活用していく必要があるのです。

 

では、実際に商品の魅力を伝えるために、
どのようなことを商品説明欄に記載していけばいいのか?というと、
そのポイントは次の2つです。

 

1.商品の特徴(性能)について記載する

2.商品の状態について記載する

 

まず、1についてですが、商品の特徴(性能)について
画像だけでは分からない情報を具体的に伝えていくようにします。

サイズやグレード、容量、使用感など、
分かる範囲で記載するようにしてください。

 

例えば、先ほどのデジカメであれば、以下のように商品の特徴を記載します。

ヤフオク14

※黒枠部分が特に重要なポイントとなる部分なのですが、
 私がどんなことを書いたのかは、ここでは秘密とさせていただきます。
(その理由は、最後までお読みいただければお分かりになります。)

 

何を書けばより商品の魅力を伝えることができるのか?

“買う側の視点に立って”商品をアピールすることを
意識してみてください。

 

 

次に、2の商品の状態ですが、
これは出品者の信頼度を上げるために、正直に記載します。

・新品なのか中古なのか?
・中古であれば、どのような状態なのか?
(傷や汚れはあるのか?)

など、なるべく詳しく説明するようにしてください。

 

「そんなことをすると、誰も入札してくれないのでは?」

と思われるかもしれませんが、
詳細な情報をきちんと記載することで、出品者としての信頼度は上がります。

 

逆に、中古なのにそれを明記しなかったり、
傷や汚れがあるのにそれを明記しなかった場合は、
落札後の返品やクレーム等のトラブルにつながりかねません。

そうなると、出品者としての評価が下がり、
信頼を失ってしまうことになります。

 

相手の顔が見えないヤフオク!での取引は、何より信頼が大切になりますので、
自身の評価が下がらないよう、
商品の状態については嘘偽りなく記載するよう心がけてください。

 

※実は、商品状態の伝え方にも「コツ」があります。

 それを抑えられているのといないのとでは、
 閲覧者が商品に対して抱く印象が大きく変わってきてしまうことになり、
 結果的に落札金額にも影響が出てしまうことになります。

 その「コツ」についても、ここでお話しすることはできませんが、

 どのように伝えたら、嘘をつかずに(隠すことなく)商品の印象を良くすることができるか?
 よく考えてみていただけると、答えが見えてくるかもしれません。

 

単発の稼ぎで終わらせたくないあなたへ

 

さて、ここまで、
「ヤフオク!でより大きく稼ぐ(高く落札してもらう)ため方法」として、
5つのコツ・ポイントについてお話をしました。

 

●しっかりと見込み客を集める

1.商品タイトルに、見込み客が検索しそうなキーワード
 (ブランド名、商品名、サイズ、カラー、素材など)を入れる

2.商品タイトルに、クリックされやすいキーワード
 (新品・美品・送料無料・格安・レアなど)を入れる

3.分かりやすい商品画像を載せる(特にトップ画像)

●商品の魅力をきちんと伝える

1.商品の特徴(性能)
2.商品の状態    を買う側の視点に立って記載する

 

これらを実際に実践していってただければ、あなたは、
これからすぐにでもヤフオク!でお金を稼ぐことができるようになります。

 

それこそ、前回の記事でもお話したように、
何でも売れてしまうのがヤフオク!ですから、

手元にある不用品を出品していけば、
短期間で数万円稼ぐことも十分に可能です。

 

ただし・・・

当然ですが、ただ不用品を売るだけの方法では、
単発的な稼ぎで終わってしまいます。

売るものがなくなれば、残念ながらそれ以上稼ぐことはできません。

(家にあるもの全てを売るわけにはいきませんからね・・・。)

 

よって、ヤフオク!を利用して“稼ぎ続ける”ためには、
何かしらの方法で売るもの(商品となるもの)を準備する必要があります。

 

もしあなたが何かを作るのが得意であれば、
実際に作ったもの(作品など)を販売していくこともできますが、

おそらくは、そのような特技がない方が大半だと思います。

 

また、商品を作るのにもそれなりに時間と労力が必要になりますので、

「時間をかけたわりには稼げない」
「労力に見合った収入が得られない」

ということにもなりかねません。

 

よって、「ヤフオク!を利用して、時間や労力にあった収入を稼ぎ続けたい」
ということであれば、

「ヤフオク!で高値で売れるもの」を、どこかしらで安く仕入れ、
その仕入れた商品をヤフオク!で転売していく

という方法がおすすめになります。

(俗に言う“転売(せどり)ビジネス”ですね。)

 

ただ、この方法で稼ぐためには、
そもそも「ヤフオク!で高値で売れるもの」が何かを知っている必要がありますし、
その商品を常に安く仕入れられる環境も必要になってきます。

そして、当然ですが、これらを自分でリサーチするには
これまたかなりの時間や労力がかかってしまいますから、
一から自分の手で転売ビジネスを始めようと思ったら、とても大変です。

 

ですが・・・

実は、「ヤフオク!で高値で売れる商品」「その商品を仕入れられる場所」を
今すぐにでも知っていただける方法があるのです。

 

それは、「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」を手にしていただくことです。

 

このマニュアルには「ヤフオク!で高値で売れる商品」が解説されているので、

このマニュアルの中身を実践していただければ、あなたはすぐにでも
ヤフオク!転売で月3~5万円以上稼ぐことができるようになります。

 

このノウハウは実際に私も実践して成果を出すことができたので、
“確実に稼げるノウハウである”と自信を持っておすすめしております。

 

その私の実践結果や、このマニュアルの詳細については以下でお話ししておりますので、

もしあなたがヤフオク!転売にご興味をお持ちでいらっしゃるようでしたら、
一度ご覧になってみてください。

「●●●●転売ビジネス公開マニュアル特典付きレビュー」

 

※先ほど私が「秘密」と言っていた、

 ・“買う側の視点に立って”商品をアピールするコツ
 ・商品状態に関わらず、商品に対していい印象を与えるコツ

 については、実はこのマニュアルの特典の中で解説をしております。

 

 特典の詳細も上記レビューの中にございますので、
 ぜひ一度目を通してみていただければと思います。

 

 

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!