情報教材アフィリエイトが稼ぎやすい理由

あなたは、情報教材という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

アフィリエイトで稼ぐには、情報教材を紹介する、

情報教材アフィリエイト

を行っていくことをオススメします。

 

この記事では、なぜ情報教材アフィリエイトが稼ぎやすいのか、
その理由について詳しく解説していきます。

 

※「まずは情報教材について詳しく知りたい」という場合は、
 先にこちらの記事をご覧ください。

 ⇒「情報教材の特徴ーメリット・デメリット」 

 

なぜ情報教材は稼げるのか?

 

その理由は、次の2つにあります。

・製作にほとんど費用がかからない
・アフィリエイトの報酬率が高い

それぞれについて、詳しく解説していきます。

 

 

◆製作にほとんど費用がかからない◆

情報教材は、そのほとんどが
PDFファイルや音声、動画といったデータ形式で販売されています。

こういったデータは、一度作成してしまえば、
あとは複製(コピー)するだけでお客さんに販売することができます。

 

ということは、

手間をかけずに何百、何千という数の商品を販売することが
可能だということです。

 

さらには、ダウンロード形式であれば送料もかかりません。

つまり、実質費用ゼロで販売することが可能なのです。

 

中にはCDやDVDの形で売られている教材もありますが、
それでも1枚当たりの経費は数百円程度です。

 

数百円の経費で、1万円以上もの価格で販売されるのですから、
情報教材とは、そのほとんどが儲けであると言えます。

 

◆アフィリエイトの報酬率が高い◆

教材の販売者は、
一人でも多くの人に自分の教材を売りたいと考えています。

そのためには、より多くのアフィリエイター(アフィリエイトをしている人)に
自分たちの教材を紹介してもらう必要があります。

 

商品を紹介してもらうためには、普通、広告費を払いますが、

情報教材の場合は、売り上げのほとんどが儲けなので、
一般的な商品とは違って広告費を高く設定することが可能です。

 

ここで言う広告費とは、アフィリエイト報酬のことを言います。

 

つまり、情報教材の場合は、広告費として
アフィリエイトの報酬率が高く設定されているのです。

 

では、実際にどれくらいの報酬率が設定されているかというと・・・
だいたいが教材価格の約50%~80%です。

 

報酬率が50%~80%ということは、

1万円の情報教材を1本売ったら、5,000円~8,000円程度の報酬がもらえてしまう

ということです。

 

これが月に10本であれば、50,000円~80,000円の報酬が手に入ります。

もちろん、100本であれば、その倍の500,000円~800,000円もの報酬が手に入ります。

 

この報酬率の高さは、情報教材アフィリエイトだからこそです。

 

物販アフィリエイトでは、まずありえません。

 

平均的な物販アフィリエイトの報酬率は1%~2%程度、高くても10%くらいです。

なぜなら、情報教材とは違って、
それほどまでに広告費(アフィリエイト報酬)にお金をかけられないからです。

 

このくらいの報酬率では、同じように1万円の商品を1本売っても、
手元に入るのは100円~200円程度です。

仮に、同じように50,000円~80,000円の報酬を得ようと思ったら、
月に40~50本も売らないといけなくなってしまいます。

情報教材と比べたら大きな違いですよね?

 

このことから、「いかに情報教材が稼げる商品であるか」ということが
分かっていただけたかと思います。

 

そして、情報教材アフィリエイトを行う上でもっとも稼ぎやすいと言われているのが、

ブログとメルマガを使った「ブログ・メルマガアフィリエイト」です。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトについては以下の記事で解説をしております。

ぜひご覧ください。

 

『ブログ・メルマガアフィリエイトの特徴 「一番稼ぎやすいと言われる理由は?」』

 

 

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!