情報商材とは?その特徴ーメリット・デメリットー

この記事では、情報商材の特徴について詳しく解説していきます。

 

情報商材とは?

 

情報商材(情報商材)とは、
主にインターネットを介して売買される情報のことです。

 

例えば、こういったサイトこういったサイト
販売されています。

「〇〇する方法」や「〇〇で稼ぐノウハウ」など、
情報の内容自体が商品となっているものです。

 

普通の本などとは違い、PDFファイルや動画、音声などを
ダウンロードする形式のものが多いのが特徴です。

 

そして、こういった情報商材をアフィリエイトすることを、

情報商材アフィリエイトと言います。

 

私も含め、アフィリエイトで大きな金額を稼いでいる人は、
この情報商材アフィリエイトで稼いでいる人が大半です。

 

ここからは、情報商材の特徴についてより詳しく解説していきます。

 

情報商材の特徴

 

情報商材には、いくつかの特徴があります。

それらをメリット・デメリットに分けて、次のようにまとめてみました。

 

◆情報商材のメリット◆

・一般の書籍よりもはるかに具体的なノウハウを学ぶことができる

・購入者に対して、丁寧なサポートをつけている教材もある

・教材以外にも、さまざまなお得な特典がついてくることがある

・販売者によっては、返金保障が付いているものもある

 

◆情報商材のデメリット◆

・一般の書籍よりも高額なものが多い

購入するまで中身を見ることができない

・中には詐欺商材もある

 

では、もう少し具体的に説明していきます。

まずはメリットからです。

 

情報商材のメリット

 

◆一般の書籍よりもはるかに具体的なノウハウを学ぶことができる◆

これは情報商材の大きなメリットでもあるのですが、

書店などで一般的に売られている書籍よりも、
情報商材の方が圧倒的に具体的なノウハウを学ぶことができます。

 

書籍にはページ数に限りがあり、内容が制限されてしまうため、
ありきたりな内容のものしか書かれていないことが多いです。

 

しかし、情報商材にはそういった制限がないため、

販売者は、PDFファイルや音声、動画などを最大限に使い、
そこに自分の持っている知識や経験、ノウハウをあますことなくつめこむことができます。

 

そのため、教材を購入した人は、
販売者の持っている具体的なノウハウをすべて手に入れることができるのです。

 

◆購入者に対して丁寧なサポートをつけている教材もある◆

これも一般の書籍にはない、
情報商材の大きなメリットとしてあげられる点です。

 

情報商材は、一般の書籍に比べて、その情報量(教材の中身)が圧倒的に多いです。

そのため、これらの情報をうまく使いこなせるように、
購入者に対してサポートをつけている教材があります。

 

サポート方法としてもっとも多いのはメールですが、
中にはスカイプでのサポートをしてくれる人もいます。

また、購入者限定の掲示板などが用意され、
そこで質問をすることができる場合もあります。

 

分からないことがあったら、気軽に相談できる

これが一般の書籍にはない、情報商材ならではのメリットです。

 

そして、サポートとは少し違いますが、
バージョンアップ(最新の情報に変更する)も頻繁にされます。

よって、より最新の情報を得やすくなっているのもメリットのひとつです。

 

◆教材以外にも、さまざまなお得な特典がついてくることがある◆

これも情報商材ならではですね。

 

教材の中には、私だったら誰にも教えたくないと思ってしまうようなノウハウが
たくさん詰まっています。

 

ですから、販売者のノウハウを手に入れられるだけでも
かなりお得なことなのですが、

さらにその教材に特典をつけてくれる販売者もいます。

 

なんでそんなことをするのか?というと・・・

グリコにおまけのおもちゃがついているのと一緒で、
特典をつけることで、教材をより売れやすくしているからです。

 

特典とか、おまけとか、そういうことばって、心惹かれませんか?^^

 

いずれにしても、本気でその商品を欲しいと願う人にとってみれば、
特典がついてくるのはラッキーなことです。

 

◆販売者によっては、返金保障が付いているものもある◆

先ほどのサポートだけでも十分にありがたいのですが、
中には、返金保障までつけられている教材もあります。

 

もちろん、返金できる条件というものもありますが、
それでも、返金保障がついているのとついていないのでは、大きな違いです。

 

メリットについては以上です。

では、次にデメリットについてみていきます。

 

情報商材のデメリット

 

◆一般の書籍よりも高額なものが多い◆

 

情報商材は、一般の書籍とは違って、高額なものが多いです。

 

書籍であれば、だいたい1,000円から2,000円くらい、
高くても3,000円ほどの価格で売られています。

 

情報商材の場合も安いものでは1,000円くらいからありますが、
ほとんどのものが1万円を超える価格です。

高いものだと、数十万円するものもあります。

 

それにしても、

なぜ情報商材にはこんなに高額な価格がつけられているのか?

というと・・・

 

実は、情報商材の場合は、
販売者が価格を自由に決められるので、

教材の中身に相当な価値があると考えている場合は、
それだけ価格を高く設定してしまうから
です。

 

教材に価値があることはとてもいいことですが、

中には詐欺教材を高額で販売している悪徳な販売者もいるので、
見極めが重要になります。

 

◆購入するまで中身を見ることができない◆

情報商材は、
書籍のように立ち読みしたりすることができません。

そのため、購入するまでは中身を一切見れないというのが、
デメリットのひとつです。

 

しかし、よくよく考えてみれば、本来はそれが当たり前です。

だって、中身が見えてしまったら、価値がなくなってしまいますからね。
(立ち読みした本をわざわざ買わないのと一緒です)

 

とは言え、私たちは立ち読みの習慣に慣れてしまっているので、
やはり中身を見れないというのは大きなデメリットです。

 

いくら良さそうな教材でも、本当に自分に合ったものなのかどうか、
買ってみないと分かりません。

 

書籍であれば、中身を見ずに買って失敗しても、
高くて3,000円くらいの損失で済みますが、

情報商材の場合は一度で数万円の損失が出てしまいます。

 

中身を見れない分、購入するときは十分に吟味する必要があります。

 

◆中には詐欺商材もある◆

先ほどの“中身が見れない”ことと大きく関係してくるのですが・・・

情報商材の中には、残念ながら、
「詐欺商材」と呼ばれるものも存在しています。

 

何万円も払って買った教材が、ふたを開けてみたらただのゴミだった

ということが起こり得るのが情報商材の世界です。

 

よくよく考えればおかしな内容の教材でも、
巧みなセールスレターで人をだまし、お金を巻き上げているひどい連中がいるのです。

 

こういう連中の罠にかからないよう、くれぐれも注意しなければなりません。

先ほども言いましたが、
購入するときは十分に吟味するようにしてください。

 

ただ、ここで勘違いしないでいただきたいのは、
情報商材=詐欺商材ではないということです。

 

情報商材販売は、詐欺なのか?

 

情報商材の中には詐欺商材も含まれていますが、
すべての情報商材が詐欺商材だというわけではありません。

 

情報商材販売とは、
「情報を売る」ためのれっきとしたビジネスです。

 

ただ、こう言うと、

「情報を売る」こと自体悪いことだ!

と思ってしまう人もいますが、

「情報を売る」という行為自体は、
家庭教師と同じことをしているだけだと思ってください。

 

どういうことかというと・・・

 

家庭教師は、自分の持っている勉強に対する知識を教え、
その対価としてお金をもらっています。

自分の持っているノウハウや経験(=情報)をお金に変えているわけですね。

 

つまり、これも立派な「情報を売る」ビジネスであると言えるのです。

 

ただ、家庭教師の場合は直接会って指導してもらうので、
その分安心感がありますが、

情報商材の場合はほとんどがネット上でのやり取りになってしまうため、
そういった意味では安心感に欠けてしまいます。

 

これが、情報商材はあやしいものだと思ってしまう人が多い原因のひとつです。

 

しかし、だからと言って、直接会って指導されればいいとは限りません。

家庭教師の中にも、バイト感覚で適当に教えている人もいます。

 

一方、寝る間を惜しんでも購入者のサポートをする
誠実な情報商材販売者もいます。

 

大事なのは、

どの教材が詐欺商材であるのかを見抜く力をもつ

ということです。

 

これは、情報商材に限ったことではなく、現実の世界でも言えることですよね。

 

世の中には、残念ながら
さまざまな形の詐欺が存在しています。

そのため、どんな詐欺にも引っかからないよう、
常に自分自身でアンテナを張り巡らせなければなりません。

 

大事な大事なお金が詐欺によって消えてしまうなんて、
悔やんでも悔やみきれませんよね。

 

私だったら、一週間くらいは寝込んでしまうかも・・・^^;?

 

そうならないためにも、目の前の情報に踊らされることのないよう、
情報をコントロールする力を身につけていきたいものです。

 

長くなりましたが、以上で情報商材の特徴についての説明を終わります。

お話したことを振り返ってみましょう。

 

まとめ

 

◆情報商材のメリット◆

・一般の書籍よりもはるかに具体的なノウハウを学ぶことができる

・購入者に対して、丁寧なサポートをつけている教材もある

・教材以外にも、さまざまなお得な特典がついてくることがある

・販売者によっては、返金保障が付いているものもある

 

◆情報商材のデメリット◆

・一般の書籍よりも高額なものが多い

購入するまで中身を見ることができない

・中には詐欺商材もある

 

情報商材について詳しく理解したところで、
次は情報商材アフィリエイトが稼げる理由についてお話していきます。

⇒「情報商材アフィリエイトが稼ぎやすい理由

 

また、情報商材アフィリエイトを行う上でもっとも稼ぎやすいと言われているのが、
ブログとメルマガを使った「ブログ・メルマガアフィリエイト」です。

ブログ・メルマガアフィリエイトについては以下の記事で解説をしております。

ぜひご覧ください。

『ブログ・メルマガアフィリエイトの特徴 「一番稼ぎやすいと言われる理由は?」』

 

 

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!