ブログ記事タイトルの付け方でお悩みのあなたへ Vol.3 【疑問を与える】

思わずクリックしたくなる記事タイトルを付ける秘訣

 

今回は第3回目をお送りしたいと思います。

 

「疑問を与える」ためのテクニックとは?

 

今回は、「疑問を与える」ためのテクニック
ということでお話ししていきます。

 

でも、こんなふうに言うと、「なんかちょっと難しそう・・・」
なんて思ってしまうかもしれませんが、
実はとっても簡単なことです。

どういうことか、これから順々に説明していきますね^^

 

 

人は、自分が知らないもの、分からないものには、
知りたい!という欲求を抱きます。

そして、その欲求を満たすために、
答えを知るための行動を起こします。

 

ブログに当てはめると、

この記事を読んでみたい!という欲求から、
実際に記事を読むという行動を起こします。

 

ただ、そのためには、

読者に「知りたい!」と思わせる記事タイトル、
読者の興味を引く記事タイトルをつけなければいけません。

 

そのために使うのが、今回ご紹介する

「疑問を与える」テクニックです。

 

「疑問を与える」というのは、

「見ただけでは答えが分からない」
「見ただけで答えを知りたくなる」

そんな記事タイトルをつけるということです。

 

どんなふうに「疑問を与える」のか?

 

では、そんな記事タイトルをつけるには、
どのようなテクニックを使ったらいいのか?

まずは基礎編から解説していきます。

 

◆基礎編◆

 

1.記号を使う

ここでいう記号とは、○や●や×など、
一般的に使われている記号のことです。

記事タイトル内の一部の言葉を記号に置き換えることで、
読者の興味を引くことができます。

 

例えば、

A.1ヶ月で●●円節約できました!
B. 私がやせた方法は、●●です!

のような感じです。

 

上のように記号を使って答えとなる部分を隠すことで、

A:この人は一体いくら節約できたんだろう?
B:この人は一体どんな方法でやせたんだろう?

疑問がわき、その答えを知りたくなります。

 

一方、

C.1ヶ月で5,000円節約できました!
D.私がやせた方法は、レコーディングダイエットです!

などと答えが丸わかりのタイトルでは、
先ほどのような疑問は、まず生まれません。

 

なぜなら、記事タイトルを見ただけで

C:この人がいくら節約できたのか
D:この人がどんな方法でやせたのか

が、すぐに分かってしまうからです。

 

このように、

タイトルを見ただけで答えが分かってしまうようでは、
読者の興味を引くことはできません。

 

記号をうまく使って、
読者の興味を引く記事タイトルをつけてみてくださいね。

 

 

2.疑問の形を使う

人は、疑問を投げかけられると、
無意識のうちにその答えを考えようとします。

 

例えば、

E.レコーディングダイエットとは?
F.なぜレコーディングダイエットでやせることができるのか?

 

このようなタイトルを目にしたら、

E:レコーディングダイエット?聞いたことないな~なんだろう?
F:レコーディングダイエットってやり方は知ってるけど、
なんでやせられるんだろう?

こんなふうに無意識に答えを考えます。

 

答えを考えるということは、同時に、
その答えを知りたくなるということ。

答えを知りたくなるということは、
その答えが書いてある記事を読みたくなるということです。

 

しかし、単に

・レコーディングダイエットの説明
・レコーディングダイエットの仕組み

などとしたのでは、読者は何も疑問を持ちません。

 

疑問を持たないということは、
考えることをしないということです。

 

それはつまり、興味を持たないということ

 

興味を持ってもらえなければ、
記事を読んでもらうことはできません。

 

「読者に疑問を与えて、興味を引く」

ぜひこのことを意識してみてください。

 

 

次に、応用編についてお話しします。

 

◆応用編◆

 

3. 1と2を組み合わせる

1と2を組み合わせるとは、
記号+疑問の形でタイトルをつけるということです。

 

例えば、

G.私が1ヶ月で●●円節約できた方法とは?
H.なぜ●●ダイエットでやせることができるのか?

のような感じです。

 

こうすることで、

G:一体いくら節約できたのか?その方法とは?
H:●●ダイエットって?やせられた理由はなんだろう?

こんなふうに興味がわいたり、
答えを知りたくなります。

 

 

4.1と「あなた」を組み合わせる

「あなた」とは、相手を特定する表現です。

記事タイトルに「あなた」を使うことで、
特定の読者の反応を高めることができます。

※これについては、こちらの記事でより詳しい解説をしています。

 

さらに、この「あなた」を使った表現に記号をプラスすることで、

より特定の読者の興味を引く記事タイトルに
することができます。

 

例えば、

I.節約下手なあなたにオススメ!簡単●●節約術!
J.あなたがやせられない理由は●●にある!

のような感じです。

 

どちらも、単に

・簡単ガス代節約術
・やせられない理由

とするよりも、
惹きつけられる、魅力的な記事タイトルになっています。

 

 

5.2と「あなた」を組み合わせる

4と同じく、「あなた」を使うテクニックです。

「あなた」と疑問の形を一緒に使うことで、

より特定の読者に疑問を与える記事タイトルに
することができます。

 

例えば、

K.あなたが知っておくべき節約方法とは?
L.なぜあなたは食事制限ではやせられないのか?

のような感じです。

 

これも単に

・知っておくべき節約方法
・食事制限でやせられない理由

とするよりも、 断然心に刺さる、
興味がわいてくる記事タイトルになっています。

 

 

以上、基礎編から応用編まで、
5つのテクニックについてお話ししました。

 

「見ただけでは答えが分からない」
「見ただけで答えを知りたくなる」

ここを意識するだけで、
タイトルはガラリと変わってきます。

 

あなたも、ぜひ「読者に疑問を与える」テクニックを使って、
反応が高まる記事タイトルをつけてみてくださいね。

 

さらに、読者の興味を引くには、
こちらの記事も参考にしてみてください。

『ブログ記事タイトルの付け方でお悩みのあなたへ【擬声語で五感を刺激】』

 

 

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!