読まれないブログ記事の特徴【読むにたえない記事とその解決策】

読まれないブログ記事の特徴としては、

「読むにたえない、つまらない、ありきたり」

ということがあげられます。

 

今回は、その中でも、
「読むにたえない記事」についてみていきたいと思います。

 

※残り2つについては、それぞれこちらで解説しています。

『つまらない記事の特徴とその解決策』

『ありきたりな記事の特徴とその解決策』

 

読むにたえない記事とは?

 

私が言う、読むにたえない記事とは、

読みにくい記事、読めない記事、読みたくない記事のことです。

 

そういった読むにたえない記事には、次のようなものがあります。

・見た目で読みにくいと感じる記事
・知らない言葉、難しい言葉ばかりで読めない記事
・心から読みたくないと思ってしまう記事

 

まずは、記事の見た目についてお話していきます。

 

見た目で読みにくい、読みたくないと感じる記事とは?

 

せっかくブログを訪問してもらえても、

第一印象で「読みにくい!」と判断された記事は、
最後まで読んでもらうことはできません。

 

なぜなら、
人は記事を読むことそのものに労力をかけたくないからです。

 

見た瞬間、

「読みにくい!読むにたえない!」

そんな気持ちになってしまうような記事は、
絶対に読んでもらえないのです。

 

では、一体どんな記事が読みにくい記事なのか?

その特徴と例をいくつかあげてみます。
(画像は全てクリックで拡大します)

 

・基本の文字色が黒ではない
 →背景、文字色ともに色がついている

damekiji

・文字がつまりすぎている
 →段落を意識しておらず、ぎゅっとつまった文章になっている

damekiji2

・文章が横に長い
 →改行をせず、横いっぱいに広がった文章を書いている

damekiji3

・リズムが一定
 →段落が意識されていない、文章と文章の間が一定間隔になっている

damekiji4

・強調されていない
 →文字装飾が何もない

 

こういった記事は、「見た目」という点において、
とても読みにくいものになっています。

 

せっかく開いた記事がこのような記事だと、
完全に読む気が失せてしまいますよね?

 

訪問者や読者に記事を最後まで読んでもらうためには、

まず見た目で読みやすい記事を書く
ということを意識しなければいけません。

 

 

では、先ほどの読みにくい記事を、
読みやすい記事に直すにはどうしたらいいのか?

意識するポイントは次の通りです。

 

1.背景は白で、基本の文字色は黒

2.文章を適度なところで短く区切る
 (横に長くしない)

3.段落を意識して、改行を入れる

4.改行をする際、リズムに変化をつけるために、
 1~4行空ける

5.文字装飾(太字、下線、色)を使い、
 ポイントを絞って強調する

 

これらのポイントを意識して記事を書くと、
このように見やすく、読みやすい記事にすることができます。

okkiji

 

1~5のポイントは、どれもすごく重要ですので、
ぜひ普段から意識するようにしてください。

 

次に、記事の中で使う言葉についてです。

知らない言葉、難しい言葉ばかりで読めない記事とは?

 

見た目は読みやすく、文章の書き方が上手な記事であっても、

自分が知らないような言葉ばかりが並んでいる記事は、
途中から読む気がなくなってしまいます。

 

あなたは、学生時代、英語の長文を読んでいて、

知らない単語がひとつでも出てきた時点で、
読む気がなくなったりしませんでしたか?

古文や漢文を読んでいて、わけがわからなくなって、
眠くなったりしませんでしたか?

 

それと一緒で、

人は、分からない言葉があると、
それだけで一気に読む気がなくなってしまうものです。

 

では、記事を書く上で分からない言葉、知らない言葉とは一体何か?

それは、いわゆる専門用語のことです。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、
本当にたくさんのことを勉強しなければなりませんよね?

特に自分が発信しているテーマに関することは、
勉強せずにはいられません。

私も、ライティングについては日々欠かさず勉強をしています。

 

しかし、人は勉強すればするほど、知識が身につけば身につくほど、
それを知らなかった頃の自分を忘れてしまいます。

すると、どうなるか?

 

記事の中にどんどんと専門用語が増えていきます。

 

記事を書くときというのは、当然、
今自分が持っている知識を使って書くことになります。

なので、勉強して知識が増えると、

以前は知らなかった言葉も平気で使うことができてしまうし、
それを当たり前のように感じてしまいます。

 

そして、だんだんと専門用語を使うことに
全く抵抗がなくなっていき・・・

気づけば専門用語ばかりの、超難しい記事を書いている

そんな状態に陥ります。

 

・・・でも、よく考えてみてください。

 

あなたのブログを読んでくれる方は、
あなたのように知識がある方でしょうか?

専門用語ばかりのあなたの記事を、
最後まで挫折せずに読める方でしょうか?

 

・・・違いますよね。

 

あなたの記事を読んでくれる方は、間違いなく、

あなたよりも知識のない方、
もしくは全くの初心者のはずです。

 

そんな方が、専門用語ばかりの記事を見て、
内容をきちんと理解できると思いますか?

挫折せずに最後まで読めると思いますか?

 

・・・とてもじゃないですが、無理ですよね。

私だったら、よく分からない専門用語ばかりの記事なんて、
絶対に読みたくありません。

 

 

とはいえ、記事を書く上で
専門用語を全く使わないということは不可能ですよね。

では、どうしたらいいのか?

そんなときは、次のように工夫してみてください。

 

・難しい言葉を分かりやすい言葉に置き換える
・専門用語に説明を付け足す
・ブログ内に用語集を設置し、そちらを見るようにうながす

 

このような工夫をすることで、専門用語ばかりの難しい記事から、

初心者にもやさしい、分かりやすい記事にすることができます。

 

ただ、自分の成長とともに、
読者も知識が増え、自ずと成長していきます。

そうなると、毎回毎回専門用語を説明する必要はなくなります。

 

しかし、最低限、

あなたの読者やあなたがターゲットにしている人に
伝わる言葉、理解してもらえる言葉を選んで
記事を書いていくようにしてください。

 

 

最後は、心から読みたくないと思ってしまう記事についてです。

心から読みたくないと思ってしまう記事とは?

 

心から読みたくないと思ってしまう記事とは、
アフィリエイト広告ばかりの記事のことです。

 

これはもう、何も説明する必要がないと思いますが、
念のためお話したいと思います。

 

そもそも、人は、物を買うためにブログを訪問したり、
記事を読んだりしているわけではありません。

 

それなのに、「ここから買って」と言わんばかりに、
記事の中にアフィリエイト広告を貼っていたら、訪問者はどう思うか?

間違いなく、嫌な気持ちになりますよね。

 

だって、それは訪問者の気持ちを一切無視した、
超自分本位な行為だからです。

 

まるで、お客の気持ちも考えずに、
次から次へと商品をすすめてくる空気の読めない店員と一緒。

そんなこと、誰も望んでいないんです。

 

さらに、人によっては、
どんなアフィリエイト広告にも嫌悪感を抱く人がいます。

 

なので、もしあなたが記事の中に
毎回毎回アフィリエイト広告を貼っているようなら、
それはすぐにやめてください。

 

嫌悪感を抱くような記事ばかりのブログに、
絶対に読者はつきません。

これは、経験上、自信を持って言えることです。

 

読者の気持ちになって、読者のために読みやすい記事を書く

 

このことを忘れないようにしてくださいね。

今日のまとめ

 

●読まれない記事の特徴の1つが、読むにたえない記事である。

 

●読むにたえない記事とは、

見た目で読みにくいと感じる記事
専門用語ばかりで読めない記事
アフィリエイト広告ばかりで読みたくない記事  のこと。

 

読者の気持ちになって、読者のために読みやすい記事を書く
 ことが何より大切。

 

 

今回は、読まれないブログ記事の特徴

「読むにたえない、つまらない、ありきたり」

の中でも、読むにたえない記事について解説をしました。

 

残り2つの特徴についても、自分に当てはまるところがないか、
ぜひチェックしてみてくださいね。

『つまらない記事の特徴とその解決策』

『ありきたりな記事の特徴とその解決策』

 

 

 

 

「元教師」が教えるアフィリエイト「無料」メール講座

new1-2

メルマガにて、無料のアフィリエイト講座を開いています。

私の指導者である「年に5億円を稼ぐプロのコピーライター」直伝のノウハウを
「全て」「無料で」お話しています。

お得なプレゼントなどもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

メール講座の詳細はこちら

 

 

ブログの盗作対策について

当ブログでは、盗作対策として、
ブログ記事をコピーできないようにするプラグインを導入しております。

読者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ぜひともご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

※このブログの著作権は「ちょろぽん」にあります。

無断転載・無断改変は禁止とさせていただいております。

もし無断転載・無断改変された場合は、
即刻Googleに通報させていただきますので、ご了承ください。

 

なお、ブログ記事の「引用」は可能です。

その際は、当ブログ「アフィリエイターちょろぽんのブログ」
からの引用であることをご明記いただき、
当ブログのリンクを貼り付けていただきまうよすお願いいたします。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!